東洋占術は陰陽五行説をベースに生年月日から運命や運勢を導き出します。

東洋占術

日本などの東洋では、独特の思想の元に東洋占術が発展して来ました。
この世にあるすべて森羅万象は「陰」「陽」、そして「火」「土」「金」「水」「木」で成り立つという考え方です。
さらには方位や季節、複雑な陰陽五行を用いて占いを行って行くのです。

 

また、時間の概念についても東洋ならではの思想があります。
それは時間が一定のサイクルでループするという考え方で、輪廻や生命の輪と呼ばれています。
ちなみに、西洋占術では同じ時間は決してないとしており、時間は一本道と捉えているのです。
独特な概念で構築された東洋占術がどのようなものか見てみたいと思います。

 

 

四柱推命と十二支

十二支

東洋には十二支という文化があり、西洋占術で言うところの星座のような概念があります。
この十二支の動物を元に、運命や運勢を見出すのが東洋占術の特徴でしょう。

 

そして四柱推命は生年月日や出生日時を活用して相談者の運命を導き出します。
四柱とは「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」のこと言い、これらを用いて占うことから四柱推命と呼ばれるのです。
産まれた生年月日に十二支の情報が合わさることで、その人の運命を深く見て行けます。

 

また、四柱推命では生年月日から命式と呼ばれるものが作られます。
この命式を利用することで、性格や適性などを素早く確認出来るようになるのです。
一種の早見表をイメージすると分かりやすいでしょう。

 

この四柱推命にはいくつかの派生があり、十二支だけでなく宿命星を利用するものもあります。
神様を結びつける神殺の方法もあるため、一口に四柱推命と言ってもかなり細かく分かれるのです。
当然、四柱推命の派生によって占いの結果も変わるので、自分に合う占い師を見つけるのが大切です。

 

 

中国発祥の風水

テレビの特集などで風水を目にした経験が無いでしょうか?
運勢を改善するために方位を意識し、住居などの立地条件を改良する東洋占術の一種が風水です。

 

本格的な風水では方位を確認する羅盤を使用し、吉凶の方角をしっかりと見極めて行きます。
気の流れを強く意識しており、住居の改善が運勢を大きく変えるとされています。
そのため、水周りの気を良くするために掃除や幸運の色を置いて改善を行うことが多いのです。

 

占い師の人に部屋の写真を見せて改善のアドバイスを貰うことも可能ですし、実際に家を見てもらうケースもあります。

 

 

人気の高い九星気学

生年月日に干支、そして九星や陰陽五行を組み合わせて占うのが九星気学です。
性格から運勢まで幅広く占えるのが特徴で、恋愛運や相性占いなど女性に人気のジャンルに強いのが人気の理由でしょう。

 

産まれた年代で決まる本命星や産まれた月で決まる月命星があり、これによる相性占いは的中率が高いと言われています。
大きな流れを読み解くのにも適していて、未来を占うのにも九星気学がよく使われるのです。
風水と組み合わせて占うこともあり、汎用性が高いのも魅力の1つでしょう。
占い師によっては九星気学と別の東洋占術を組み合わせて、独自の占いを行うこともあります。

 

ページの先頭へ戻る