手相占いと人相占い、それぞれに適した占いジャンルをご紹介します。

手相占いとは

手相占いをしている様子

「手相占い」とは、人間の手に刻まれているシワにより運勢を見る占いです。

 

生年月日で運勢を導き出す“四柱推命”と異なり、手相占いは「現状の自分」における性質を見ることに向いています。
なぜなら、人の行動や成長によって手相が変化するからです。

 

人は常に経験を積み重ねています。身長が伸び、体重が増えるのと同様に、現在時点での努力の成果が手相に反映されるのです。
そのため、指摘された結果はどれも身に覚えのあるものばかりで、近年では“当たりすぎる占い”として注目を浴びています。

 

占えるジャンル

手相占いでは「結婚運」「金運」「仕事運」など様々な運勢を占えます。
基本は“現時点での運勢”にフォーカスされますが、手相は変化するので“こうすれば運勢が良くなります”といったアドバイスまで可能です。

 

自分で見る楽しさがある

手相占いの良さは「自分でも見ることができる」という点です。
有名な手相占い師が画像付きで解説しているWebサイトもあり、参考に自分の手相を見るだけでも“当たっている”と感じられます。

 

その上で有名占い師に見て貰えば、新たな発見や自分の見方に関してアドバイスをもらえるため、占いを心から楽しむことが可能です。

 

人相占いとは

顔を隠す女性

「人相占い」とは、顔や体、骨格や肉付きなど、人体のあらゆる外見的要素から性格や運勢を占う方法です。

 

必ずしも全ての要素を総合的に判断する必要はなく、現在では人相占いと言えば「顔」を見て判断されています。

 

顔を見て判断すると言っても、美男・美女ならば良いわけではありません。
“人の顔は履歴書”というように、顔にはその人の考え方や性格が如実に現れます。
顔のパーツの位置、造形だけでは到底語り尽くせない奥深さがある占いです。

 

占えるジャンル

「恋愛」や「仕事」など、多くの人が気になっている運勢は人相占いでも鑑定できます。
その上で最も得意分野となるのは「性格」の分野です。
眉の配置だけで性格がわかり、鼻の穴という細かいパーツの違いでお金持ちの素質が見抜かれてしまいます。

 

変化を楽しめる

“疲れが顔に出ているよ”と言われるように、顔の機微はその人の心や性格を如実に表します。
私生活が充実していればどことなく幸せそうな雰囲気が伝わり、仕事が大変な時期はなんだか老けて見えることもしばしば。
短期間でも大きく変わる顔を読み解く人相占いは、非常に説得力があり、変化を楽しみやすいです。

 

人体を読み解く占いは満足感が高い

手相占い・人相占いは人体を活用した占いだけに、結果が身に染みて伝わってきます。
また、自分の行動次第でいくらでも変化していく占い結果は、聞いているだけで非常に楽しいものです。

 

“自分の力で運勢をコントロールする”という醍醐味があるため、少しリアリスティックな人にでもオススメの占いになるのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る