占いは何故当たる?占い師が持っている能力について解説します。

占い師の能力

占い師は魔法使いではなく統計学などを用いてアドバイスを行います。
人生の壁にぶつかり目の前が真っ暗になっているなら、神頼みの気持ちで占い師を頼ってみるのも良いでしょう。
実際、第三者への相談は客観的に悩みを見つめるきっかけにもなるのです。
手詰まりだと思っていた状況も、簡単なアドバイスで状況が一変する可能性は十分にあります。

 

さて、そんな頼もしい占い師の人はどのような能力を持っているのでしょうか?
占いに説得力があり、一定の的中率がある秘密を公開したいと思います。

 

 

占い師は会話のプロ

占い師のコミュニケーション能力イメージ

まず、占い師が持っている能力として挙げられるのがコミュニケーション能力です。
じっくりと話を聞いて悩みを理解する必要があるため、占い師のほとんどは聞き上手だと言って良いです。
話しやすい雰囲気作りから程よい相槌、悩みを打ち明けるきっかけの質問などを的確に行ってくれるでしょう。

 

さらに重要になるのがアドバイスを伝える話術です。
どんなに正論を言ったところで伝わらなければ意味がありません。
その点、占い師の人は話し方を工夫し、アドバイスがしっかりと伝わるように話を展開して行きます。
説得力がある会話で意見を主張する能力が高いのも占い師の特徴でしょう。

 

このように聞き上手であり話し上手であるのが占い師の持つ能力なのです。
ここに神秘的な空間やカリスマ性のあるオーラが加わると、説得力は何倍にも増えます。
統計学や心理学の要素が土台にある場合は、アドバイスも的確になるので悩みが解決するのです。

 

 

豊富な知識が必要

占い師は誰にでも出来そうな印象がありますが、実は膨大な知識を必要とする特別な職業です。
前述したように統計学や心理学、占星術やタロットなどを学ぶ必要があるでしょう。
そのため豊富な知識が無ければ占い師は務まらないのです。

 

幅広い分野に精通する知力も占い師に大切な能力になります。
第六感やその時の気分でアドバイスする占い師は、ギャンブル的な占いをしているに過ぎません。
本当の占い師は統計学や心理学により、悩みを解決する方法を導き出すのです。

 

ただ知識を持っているだけでなく、それを活かすセンスも問われるのがポイントです。

 

 

気持ちに共感する能力

軽い悩みから重たい悩みまで、占い師を頼る人によって様々な相談があるでしょう。
他人から見たら大したことが無いような悩みでも、本人にとっては生きるか死ぬかの瀬戸際かもしれません。
そうした際に重要なのが占い師の共感力です。

 

相談者の悩みに共感する能力は極めて重要でしょう。
真剣に悩んでいるのに軽く笑い飛ばされたら非常に傷付きます。
悩みを理解し、真剣に受け止める共感力は占い師に必須の能力だと言えます。

 

ただし、悩みの内容によっては共感せずに一刀両断する判断力も求められるでしょう。
一方的な思い込みやわがままな悩みについては、共感せずに事実を突きつける必要があります。
共感する一面と冷静に悩みを受け止める判断力、占い師にはその両方が備わっていなければならないのです。

 

また、占い師の性格や特徴を見極め、自分の性格や悩みの内容に合った人に相談することでより的確なアドバイスを得られます。

ページの先頭へ戻る